top of page

エクソソームの点滴は実際どんなものでしょう

エクソソームの点滴は名前は最近よく聞かれるようになりました。10年ほど前から治療メニューでかかわっていましたが、まだそれほど盛んではなかった印象を持っています。また10年前のエクソソームは今のものと違い、個人の感想としてはそれほど体感に至っていなかった印象は持っています。時間とともにさすがに今のものは進化していると個人的には感じています。ここはコラムなのでイメージのお話ですが、自分はエクソソームに対してこう捉えています。体の生活年齢・生体年齢は誰一人逃れることなく1年に1歳分年を取ります。しかし、体の細胞が1年間で変化していく状況が改善できていけば、生体年齢の方は一概に1年で1歳相当の年を取らせず、チャレンジングではあるけれども13ヵ月、14ヵ月かかって1歳相当の年を取るというように私は考えているんです。そこで私にはエクソソームの点滴がどうやら相性がいいな。と感じてきています。点滴をしてすべてよしというものでもありませんが、暴飲暴食はしない。適度な早歩きを時々行う。体の伸びや、ストレッチを時々入れることをしています。そして0時前には休めるようにと思っています。

関連記事

すべて表示

正常な細胞が暴走している状態

これががん細胞の状況です。もともとは正常な細胞であり、私たちの体の一部です。いくつかの引き金によって一部の正常な細胞がバランスを欠いてしまいます。引き金になるものとは、加齢、ストレス、活性酸素の体内での増大、疲労過多、偏った食べ物や、寝不足の状況が続くなど様々な要素が絡み合って脆弱になっているどこかの細胞に影響が出てきてしまいます。その一部の細胞の中では、正常な細胞になっているために必要な2つの要

Comments


bottom of page